毎日午前7時にブログ更新

大瀉肝湯の病機と治方の経方図

東洋医学

大瀉肝湯を経方図で示します。

まずは病機からです。

 膈邪があるのに生体側で無反応ということはありません。やはり治ろうとして、胃気が高まるでしょう。

 続いて治方です。

 驚いたことに柴胡が出てきません。いかにも柴胡を使いたくなります。あくまで下法で清熱するということです。胃気の直達路による上達を治す意味でも下法は良いのかも知れません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました