毎日午前7時にブログ更新

経方医学

情報管理

OmniFocus4日記3 動き出すした「いつかやるリスト」

OmniFocusを眺めてあらためて漢方の扱いを思う。 そういえば数年前「香葛湯(こうかつとう)」とinboxに書いた。 このクスリは夏風邪に効く。 その後香葛湯は「いつかやる」フォルダにすぐに移した。 勿論GTDに則って、いつかやろうと判...
漢方医学

【輔行訣】小朱鳥湯を経方医学で読み解く

小朱鳥湯(しょうしゅちょうとう)の配薬は傷寒論の黄連阿膠湯と同一である。 条文を挙げる。 治天行熱病,心氣不足,內生煩熱,坐臥不安,時下利純血如雞鴨肝者方: 雞子黃二枚阿膠三錠黃連四兩芍藥各二兩 右五味,以水六升,先煮連、芩、芍三物,取三升...
漢方医学

【輔行訣】大白虎湯を経方医学で読む

大白虎湯の配薬をみると傷寒論の竹葉石膏湯から人参を去り、生姜を加えた方剤であると連想してしまう。 しかし、実際には後述の通り一筋縄にいはいかない。 まずは条文を挙げる。 大白虎湯 治天行熱病,心中煩熱,時自汗出,舌乾,渴欲飲水,時呷嗽不已,...
漢方医学

【輔行訣】小白虎湯で分かったこと

小白虎湯の配薬は白虎湯。そしてその条文は白虎加人参湯であった。  条文を再掲する。 小白虎湯 治天行熱病,大汗出不止,口舌乾燥,飲水數升不已,脈洪大者方: 石膏如雞子大,綿裹知母六兩甘草炙,二兩粳米六合上四味,以水一斗,先熬,粳米,熟訖,去...
漢方医学

【輔行訣】小白虎湯を経方医学で読む

配薬は白虎湯で症状は白虎加人参湯証に近い。 条文を挙げる。 小白虎湯 治天行熱病,大汗出不止,口舌乾燥,飲水數升不已,脈洪大者方: 石膏如雞子大,綿裹知母六兩甘草炙,二兩粳米六合上四味,以水一斗,先熬,粳米,熟訖,去米,内諸藥,煮取六升,溫...
漢方医学

輔行訣大青竜湯を経方医学で読む

配薬は傷寒論金匱要略にける小青竜湯である。混同を避けるためここで輔行訣大青竜湯とする。 治天行,表不解,心下有水氣,乾嘔,發熱而喘咳不已者。 麻黃去節細辛芍藥甘草炙桂枝各三兩五味子半升半夏半升乾姜三兩 右方八味,以水一斗,先煮麻黃,減二升,...
東洋医学

【輔行訣】小青龍湯を経方医学で読む

聞いたことがある方剤名である。これは麻黄湯である。  傷寒論金匱要略の小青竜湯とは異なる配薬なので、混乱を避けるため輔行訣小青竜湯とする。  では、条文を見る。 小青龍湯 治天行發熱、惡寒,汗不出而喘,身疼痛,脈緊者方: 麻黃三兩杏仁半升,...
漢方医学

【輔行訣】大陰胆湯を経方医学で読む

大陰旦湯について条文を書く  治凡病頭目眩暈,咽中乾,每喜乾嘔,食不下,心中煩滿,胸肋支満,往來寒熱者方: 柴胡八兩人參黃芩生姜各三兩甘草炙二兩芍藥四兩大棗十二枚半夏一升,洗 右八味,以水一斗二升,煮取六升,去滓,重上火,緩緩煎之,取得三升...
漢方医学

【輔行訣】黄耆はあった

固元補腎湯で疑問を呈していたことがある。 これまで明らかに黄耆を入れることが有効と思われる病機にも黄耆が配薬されない。輔行訣の時代黄耆が発見されていなかったのではないか。 しかし、大陽旦湯で黄耆を配薬していた。配薬は以下の通り。 黄耆五兩人...
漢方医学

【輔行訣】大陽旦湯で得た教え

大陽旦湯を経方医学で読み解いて得たこと。 この方剤で何を得るのか。 もしかしたら現代漢方ならば酸棗仁を加えることで対策出来たかもしれない。しかし当時の漢方はこれがない(読み終えていないので後で酸棗仁の配薬の記述があったら訂正します)。 条文...